Top >  バンコクでの交通アクセス >  バンコクの交通機関

バンコクの交通機関

バンコク内では、公共の乗り物をうまく乗りこなすことで効率よく自分の行きたいところへ移動して歩きまわることができます。バンコクでは、BTS(スカイトレイン)と呼ばれる高架鉄道、MRTもしくはメトロとも呼ばれる地下鉄、これら2つの近代的な交通機関は、街中がどんなに渋滞していようが関係なく、快適な移動ができる交通手段として、バンコク都民にも重宝されている交通機関です。

それに昔からの庶民の足としても欠かせない市内を網羅している路線バス、街中を流しているメータータクシーやトゥクトゥクなどが、一般的な公共交通機関です。また、チャオプラヤー川には水上バスとして旅行者にも馴染みのあるエキスプレスボートや両岸を行き来する渡し船、高速乗合船などがあり、一部の市街地域には今も運河ボートが渋滞なしに水面を走っています。

大通りから入るソイの入り口にはオートバイタクシーのモータサイが常駐していますし、バスの路線の行き届かない地域では、トラックを改造したソンテウという乗り合いバスが活躍しています。バンコクでは、こうした様々な乗り物が街の至る所まで密にカバーしていますから、乗り物に慣れてうまく組み合わせて活用することができれば、バンコク中をほとんど歩かずに目的地まで移動することも可能なのです。

バンコクでの交通アクセス

バンコクでは、公共交通機関をうまく乗りこなすことで、効率よく行きたいところへ移動できます。中でもBTS高架電車とMRT地下鉄は渋滞に関係なく快適に移動できますが、その路線は限られており、路線以外へはメータータクシーやトォクトォク、路線バスを併用して移動します。また場所によっては水上交通を利用する方法もあります。

関連エントリー