Top >  バンコク観光お役立ち情報 >  バンコクの正式名称

バンコクの正式名称

私たち外国人がバンコクと呼んでいるタイの首都の名前は、正式には以下の通りとても長い名前で、首都としては世界一長い名称のようです。タイ人は、この首都のことを決してバンコクとは呼ばず、正式名称の頭の部分をとって「クルンテープ(天使の都)」と呼んでおります。タイ国内では、バンコクはクルンテープのほんの一部の地域の昔の呼び名だったからです。

だから自動車に付いているナンバープレートの登録表示や列車の行先表示などは「クルンテープ・マハナコーン」となっていて、官庁関係や公共関係の表示には、どこにもバンコクの名称は使われていないのです。タイ最大の銀行であるバンコク銀行も、タナカーン・クルンテープと言うのです(タナカーンはタイ語で銀行の意)。

□「クルンテープ」の正式名称
「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーアユッタヤー・マハーディロークポップ・ノッパラッタナ・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」

このとても長い首都の正式名称の意味は、「天使の偉大なる都、帝釈天の戦争なき平和で偉大な輝かしき大地、九種の宝石のような心楽しき王の都、多くの王宮に富み神が化身となって住みたまう、帝釈天が建築の神ヴィシュカルマに命じて造りたまった神聖なる住処」となるようです。

バンコク観光お役立ち情報

現王朝であるチャクリー王朝がバンコクに遷都した頃から現在に至るまでのバンコクの歴史や、名前の由来、正式名称、各エリア、街路の名前や呼び方などの基本的な情報について述べています。また、旅行会社や日本語の新聞、情報誌、インターネット、治安、緊急時の連絡先や日本語の通じる病院など、滞在中に役立つ情報についての案内です。

関連エントリー