Top >  タイ旅行お役立ち情報 >  タイでのお酒の販売規制

タイでのお酒の販売規制

タイでは、お酒は20歳以上に販売が許可されています。お酒には販売日や時間に規制があり、通常は11時から14時、17時から24時までの間が販売許可時間となっており、それ以外の時間には購入することはできません。たとえば、14時からちょっと過ぎただけだから、何事にも寛容なタイだから売ってくれると思うのは間違いで、たとえ1分でもその時間を過ぎたらまず販売してくれません。

これは、コンビニやスーパーなどのレジが販売時間を記録しているからで、役所に定期的にチェックされるため、違反が明らかになるとそのお店が罰せられるからです。とはいえ、下町の奥の方や住宅街にある雑貨屋さんなどでは、あまり真剣にその規制を守っていないところも結構あるようです。私の住んでいるマンションの1Fにはコンビニのようなミニショップがあるのですが、ここでもいつ行ってもお酒が買えるようです。

また、タイには仏教関係の祭日が年に何度かありますが、それらの日や選挙前日、選挙当日にもお酒の販売は禁止されており、一般的なレストランやバーでも飲むことができません。

仏教関係の日はわかるとしても、選挙関連では暴れると具合が悪いとか、飲みすぎて選挙に行かないと困るからとか、よく分からない通説がありますが、いずれにしてもこれらの法律は外国人にも適用されます。ただ、その日に飲酒してはいけないということではないので、ホテルの部屋にストックしているビールなどは自由に飲んでも一向に構わないのです。

タイ旅行お役立ち情報

パスポートやビザ、滞在期限などタイへの渡航に関する情報や、通貨や両替に関する情報、タイでの電話の使い方や携帯電話、郵便や電気などに関する情報、飲料水やトイレ、チップなどの生活情報、タバコやお酒の規制に関する情報、王室や僧侶、日常的なマナーに関する情報など、タイへ旅行するのに役立つ情報です。

関連エントリー