Top >  タイ料理・グルメ >  タイ風サラダ

タイ風サラダ

◆ヤム・ウンセン
春雨の辛味サラダ。「ヤム」とは和えて混ぜるという意味で、タイ風味の味付けがされたサラダのようなものです。ヤム・ウンセンは、春雨の他にも豚肉や海老、野菜などがたっぷり入り、マナーオ(ライム)や調味料で味付けされた甘・辛・酸のバランスが整った日本人にも人気のヘルシーサラダです。海老のかわりにソムオー(ザボン)の実を使ったヤム・ソムオーはさっぱりして辛くなく、口に優しいサラダです。

◆ヤム・ヌア
牛肉のサラダ。牛肉にさっと火を通し、レタスや胡瓜、トマト、ホームデーンなどの野菜と和えたピリ辛サラダです。ビールのつまみにもよく合います。

◆ラープ
挽肉唐辛子サラダ。東北イサーン地方の名物料理で、包丁で叩いて粗挽き状にした肉に、煎ったお米をすり潰して唐辛子を加えて和えます。本場では、生肉を使うこともありますが、慣れないとおなかが驚きますから、最初は火を通したものの方がいいでしょう。牛、鶏、豚の種類があります。

◆ソム・タム
青パパイヤのサラダ。これも東北イサーン地方の名物料理ですが、今では全国的な料理となっています。未成熟のパパイヤを細く削り、石臼で干し海老やピーナッツ、ハーブ、香辛料、唐辛子を入れて潰し和えていきます。入れる唐辛子の量によって辛さが変わります。バンコクで食べるソムタムは、ソムタム・タイといってそれほど辛くなく食べやすいですが、本場イサーンのソムタムには塩漬けのカニを入れたり醗酵した魚を入れたりして、独特の風味付けをしますから、慣れないと少々手ごわいかもしれません。

◆クン・チェー・ナンプラー
小エビのオドリ。サラダではありませんが、鮮度の良い生の海老をナンプラー漬けにして、辛いタレに付けてすぐに食べます。

タイ料理・グルメ

タイ料理は、路上の屋台から高級レストランまでそれぞれの良さを楽しむことができます。また、タイ料理といってもすべての料理が辛いのではなく、まったく辛味のない料理もあり、甘辛酸すべてをうまく味わうのがタイ料理の醍醐味です。また、タイ料理の食材の名称や調理法などを少しでも覚えると、簡単な料理ならタイ語で注文することができます。

関連エントリー