Top >  タイ旅行お役立ち情報 >  タイ近隣諸国での観光ビザ取得

タイ近隣諸国での観光ビザ取得

ラオス・ビエンチャンのタイ大使館
タイへの旅行を計画するときには、30日以内の滞在のつもりでいる場合には観光ビザを取得することなくビザなしでタイに入国することになります。ところが、ビザなしで入国したのだけど、タイ語の学習や地方への観光などといった様々な理由ができて、もっと長くタイに滞在したくなってきた、30日ではとても時間が足りない、だけど日本に帰って観光ビザを取り直してくるには費用も時間もかかるし、というような場合もあるかと思います。

そんな場合には、タイの近隣諸国にあるタイ大使館や領事館で観光ビザを取得するという方法があります。費用や時間なども、日本に一旦帰るのと比較すると安上がりで移動に掛かる時間も少なくて済みます。交通の便がよく、比較的観光ビザを取得しやすいと言われているのがラオスのビィエンチャンやマレーシアのペナン島、シンガポール、カンボジアのプノンペンにあるタイ大使館や領事館です。

タイには国内外ともに格安料金を設定している航空会社が多くありますから、費用とも相談しながら行きやすいルートを設定して、小旅行をかねて観光ビザを取得して来るのもひとつの方法です。ペナン島などは、陸路を長距離バスや長距離国際列車でいくこともできますし、国内線の飛行機でハジャイまで行ってそこからバスを利用するという方法もあります。予算は移動手段によって変わりますが、ビザ費用を含めておよそ1万~1万5千バーツを考えていれば大丈夫でしょう。

タイ旅行お役立ち情報

パスポートやビザ、滞在期限などタイへの渡航に関する情報や、通貨や両替に関する情報、タイでの電話の使い方や携帯電話、郵便や電気などに関する情報、飲料水やトイレ、チップなどの生活情報、タバコやお酒の規制に関する情報、王室や僧侶、日常的なマナーに関する情報など、タイへ旅行するのに役立つ情報です。

関連エントリー