Top >  タイ料理・グルメ >  ご飯&麺類

ご飯&麺類

◆カオ・パッ(ト)
タイ風の炒飯。日本の焼き飯や中華の炒飯に似たやさしい薄味で、好みで卓上調味料を使います。付け合せに胡瓜、ライム、辛くない葱が添えられていますから、ご飯の上にライムを搾り、胡瓜や葱を箸休めにしながらいただきます。豚、鶏、海老、カニ、イカなどの種類があります。また、カオ・パッ(ト)・アメリカンというケチャップ味の炒めライスにソーセージやフライドチキンの乗ったお子様ランチのようなものもあります。

◆カオ・パッ・サパロッ(ト)
パイナップル入り炒飯 。パイナップルの甘みが新鮮で、小さな子供でも安心して食べられます。店によっては身をくり貫いたパイナップルの皮を器代わりにして、その中に炒飯を盛って出てきます。

◆パッ(ト)・バイグラパオ
バジル炒めご飯。生バジルと唐辛子を肉と炒めてご飯の上に載せます。タイ人の定番ランチとなるご飯ですが、唐辛子を控えめにしないととても辛いです。具材は豚肉や鶏肉、イカ、海老など好きなものが選べます。

◆カオ・マン・ガイ
鶏の炊き込みご飯。骨付き鶏を茹で、その茹でスープでご飯を炊き込んで、ご飯の上に茹で鶏を乗せ、付け合せの生姜醤油タレでいただきます。日本人の好きな料理の一つで専門の屋台があります。

◆カーオ・トム
タイ風雑炊。鶏出汁でご飯をさっと煮込み、魚介類や鶏肉などの具を加えます。朝食や夜食としていただくことが多いです。

◆バーミー&クィッティアオ
タイ風ラーメン&タイ風ソバ
主に屋台や専門食堂で手軽にいただくことのできる麺料理です。麺の種類やスープのあるなし、具などを選んで注文します。

◆パッ・タイ
タイ風の焼きそば。小麦麺ではなく米麺を使った炒め料理で、干し海老や揚げ豆腐、ピーナッツなどが入った少し甘めの味付けとなり、日本人にも馴染みやすい料理です。

◆ラートナー・ムー
餡かけ麺。カナー(カイラン菜)と豚肉をタオチアオソース(中国味噌)で炒めた甘めの餡がかかった麺料理です。麺はセン・ヤイか中華麺を揚げたミー・クローブを選ぶ人が殆どです。豚肉以外にも魚介類を入れたラートナー・タレーもあります。

◆パッ(ト)・シーイウ
醤油焼きそば。カナーと豚肉を炒め白醤油で味付けしたサッパリ味の焼ソバです。味が物足りなければ、卓上調味料を使って自分好みの味に仕上げます。

タイ料理・グルメ

タイ料理は、路上の屋台から高級レストランまでそれぞれの良さを楽しむことができます。また、タイ料理といってもすべての料理が辛いのではなく、まったく辛味のない料理もあり、甘辛酸すべてをうまく味わうのがタイ料理の醍醐味です。また、タイ料理の食材の名称や調理法などを少しでも覚えると、簡単な料理ならタイ語で注文することができます。

関連エントリー