Top >  タイ旅行お役立ち情報 >  パスポートとビザ

パスポートとビザ

パスポートとビザ
タイへの入国は、日本人が30日以内の観光目的で滞在する場合には、日本へ帰国する航空券か第3国へ出国する航空券を所持していれば、あらかじめビザを取得する必要はなく、到着空港での入国審査時に30日の滞在許可がもらえます。なお、パスポートの有効期限については、残存期間が6ヶ月以上残っていることが入国の条件になります。

実際には、6ヶ月を切っているパスポートでも、有効期限までに出国することを条件に入国を許可してくれる審査官もいるのですが、不確定なことはできるだけ避けて期限が切迫しているパスポートは早めに更新しておきましょう。また、タイに30日以上滞在を希望する場合には、旅行前に在日タイ大使館か領事館で観光ビザを申請・取得することになります。

観光ビザには、1回だけ入国できるシングルタイプと2回入国できるダブルタイプのビザがあり、それぞれタイに滞在できる期間は60日と60日×2回です。また、ビザの有効期限は滞在有効期限ではなく入国期限ですので、ビザに表示されている入国期限日までに入国すれば、所定の日数の滞在が許可されます。なお、ダブルタイプのビザの場合には、入国期限ぎりぎりに入国すると、2回目のビザは期限切れとなって使えなくなりますから気をつけましょう。

タイ旅行お役立ち情報

パスポートやビザ、滞在期限などタイへの渡航に関する情報や、通貨や両替に関する情報、タイでの電話の使い方や携帯電話、郵便や電気などに関する情報、飲料水やトイレ、チップなどの生活情報、タバコやお酒の規制に関する情報、王室や僧侶、日常的なマナーに関する情報など、タイへ旅行するのに役立つ情報です。

関連エントリー