Top >  タイ料理・グルメ >  スープ&カレー&煮込み料理

スープ&カレー&煮込み料理

◆トム・ヤム・クン
ピリッと辛くて酸っぱいエビ入りスープ。世界3大スープのひとつとして、タイ料理といえばまずこれを思い浮かべる人も多いです。材料に含まれるハーブにガン抑制効果があることがわかり注目されています。店によってココナツミルクを入れる場合もあります。具を魚にするとトム・ヤム・プラー、鶏にするとトム・ヤム・ガイになります。

◆トム・カー・ガイ
ココナッツ・ミルクで鶏肉を煮込んだスープ。トム・ヤムと同様に辛くて酸っぱいスープですが、ココナッツミルクが辛さを和らげ甘みも感じます。

◆ゲーン・キャオ・ワーン
グリーン・カレースープ。ココナッツミルク入りのさらさらしたカレーで、辛さとほのかな甘さが旨味を感じさせます。緑のプリッキーヌーを使ったものは辛さがやや強烈です。

◆ゲーン・カリー
イエロー・カレースープ。イスラム教徒が多い南部料理で豚肉は使わず、魚や鶏が入ったターメリック入りカレーです。

◆ゲーン・ペッ(ト)
レッド・カレースープ。ココナッツミルク入りの赤唐辛子をペーストにしたカレーで、「ペッ(ト)=辛い」という名の割りにそれほど辛くはありません。

◆ゲーン・ジュー
さっぱり澄まし仕立てのスープ。ウンセン(春雨)やタレー(魚介類)、トーフー(豆腐)、サラエー(海苔)などが入ります。

◆プラー・チョーン・ペエサー
魚の煮付け。大きな魚の形をした鍋に、魚を丸ごと入れて煮込んだ状態で出てきます。梅や生姜などで臭みを取った酸味のあるスープ仕立てです。

◆スッキー
タイ風水炊き。タイスキの名で知られる鍋料理で、日本のすき焼きからその名前を取ったものですが、好きな具や野菜を入れるむしろ水炊きのような料理です。

◆スップ・フーチャラーム
フカヒレスープ。厳密には中華料理になるのですが、タイ人にもよく食べられている料理で、カニ肉のほぐしたものが入り、もやしやパクチーで味を調えます。

タイ料理・グルメ

タイ料理は、路上の屋台から高級レストランまでそれぞれの良さを楽しむことができます。また、タイ料理といってもすべての料理が辛いのではなく、まったく辛味のない料理もあり、甘辛酸すべてをうまく味わうのがタイ料理の醍醐味です。また、タイ料理の食材の名称や調理法などを少しでも覚えると、簡単な料理ならタイ語で注文することができます。

関連エントリー