Top >  タイ料理・グルメ >  タイスキ

タイスキ

タイ料理の範疇からは少し外れるかもしれませんが、殆どのタイ人も大好きで日本人の口にも合う料理がタイスキです。タイ料理に飽きたり、ちょっとサッパリしたものが食べたいときにうってつけの料理です。日本のしゃぶしゃぶや水炊きのような料理で、スキ鍋に張った薄いダシのスープが煮立ってきたら好みの具材を入れて食べる鍋料理です。

オーダーは各具材が一皿単位となり、野菜類や豆腐は10~20バーツ程度、肉や魚介類、練物などは30~60バーツ程度が目安です。野菜は、白菜やエノキダケなど日本人にも馴染みの深いものから、タイの青野菜やヤングコーンなど色とりどりです。肉類は、牛、豚、鶏、海老、イカ、貝などが主で、それぞれをすり身にしたものやワンタンなど、それと、バーミーや春雨などの麺類もあり、どれも様々な種類があって目移りしそうです。どの店でも写真入の具材のメニューがありますから好きなものを適量オーダーしましょう。迷って決められない場合には、野菜や肉などをうまく組み合わせたセットもあります。

具材を鍋に入れて煮立ってきたら、手元にあるタレに付けて食べるのですが、これにはパクチーと呼ばれる香菜が刻まれて入っています。これが苦手な場合には、マイ・サイ・パクチーといってパクチーの入っていないタレと交換してもらいましょう。タイにはシメにオジヤを作る習慣はありませんが、観光客の多いエリアにあるタイスキ店では、日本人用にご飯や卵、葱、醤油などを用意してくれるところもあります。

タイスキは殆どがチェーン店で、旅行者にはコカ・チェーンが有名ですが、タイ人にはMKチェーンが一番ポピュラーです。それほど味が違うわけではありませんが、タイ人に言わせるとタレの味がそれぞれ違うようです。コカは観光客も意識した店作りで、サイドメニューも充実していて多少他のチェーンよりも高い価格設定になっています。MKは、日本のファミリーレストランのようなもので、タイ人の家族やカップルが賑やかに集う雰囲気のチェーンです。バンコクには、他にカントンやテキサスなどのチェーン店があります。

◆コカ・チェーンの主な店舗
・スリウォン本店 スリウォン通りのタワナラマダホテル前のソイを入った所
・サイアムスクエア店 サイアムスクエア東端、アンリ・デュナン通り沿い

◆MK・チェーンの主な店舗
・サイアムスクエア店 サイアムスクエア北のBTSサイアム駅前
・他、各ショッピングセンターのテナントとして至るところにあります。

◆カントンスキ
・サイアムスクエア東端、コカのすぐ近くにあります。

◆テキサススキ
・ソイ・テキサス店 チャイナタウン、ヤワラー通りのソイテキサス内
・ラーチャダムリ店 ラーチャダムリ通り、ビッグCの2本北のソイ内

タイ料理・グルメ

タイ料理は、路上の屋台から高級レストランまでそれぞれの良さを楽しむことができます。また、タイ料理といってもすべての料理が辛いのではなく、まったく辛味のない料理もあり、甘辛酸すべてをうまく味わうのがタイ料理の醍醐味です。また、タイ料理の食材の名称や調理法などを少しでも覚えると、簡単な料理ならタイ語で注文することができます。

関連エントリー