Top >  バンコクでショッピング >  ウィークエンドマーケット

ウィークエンドマーケット

タイではチャトゥ・チャック市場と呼ばれるこのマーケットは、週末の土日にのみ開催され、公称1万5千の店舗がある自称「世界最大のマーケット」とうたっているようです。

1日数10万人という凄い数の人出があり、日本人の姿もちらほら見受けることができます。扱っているのは、衣料品やアクセサリー、工芸品、民芸品、マニアックなコレクション、熱帯魚や犬、サル、トカゲなどのペットや観葉植物など、多岐にわたった品揃えの店があり、その間にレストランや屋台、カフェなどが点在しています。

トタンかテント屋根でできた市場内は、通路は狭くて買い物客でごった返しており、その人いきれと熱気で暑い日中に回れば熱中症になりそうなほどです。さりとて、全体を見て回りたい場合にはゆうに丸一日はかかるという規模ですから、体調を整えて体力勝負で臨まなければいけません。市場内には各所で飲み物を売る店や喫茶店などもありますから、適時水分を補給して休憩しながら回るのが賢明です。

南にあるレストランのトンプルーなど、数少ないながらもエアコンのの効いたお店もありますから、少し休憩してクールダウンしてから再出撃するのもいいでしょう。でも、本当のところは、よほど体力に自信がある方以外には、興味のあるジャンルを中心として無理せず適度に切り上げる方がいいでしょう。また、エリア番号を覚えておかないと、一度通り過ぎた店に再び訪れるのはなかなか容易ではありません。

気に入った商品を見つけたら、一期一会のつもりでその場で購入するのが得策です。それと、ここの市場では商品にプライスタグが付いていても、ある程度の値引き公称は可能です。

この市場へのアクセスは、BTS終点のモーチット駅もしくはMRT地下鉄のチャトゥチャック公園駅で、いずれも駅からほど近くです。また、すぐ近くのカンペンペット通りを隔てた向かいには、高級生鮮市場のオートーコーがあり、ここでは上質の果物やタイのお菓子が手に入ります。

バンコクでショッピング

ショッピングはバンコクでの大きな楽しみのひとつです。タイシルクやコットン、陶磁器、工芸品や民芸品などの雑貨など、バンコクならではのお土産が大きな人気となっています。バンコクでは、専門店、デパート、ショッピングセンター、マーケット、露天でもそうした商品を扱っています。

関連エントリー