Top >  バンコクでショッピング >  バンコク郊外のショッピングセンター

バンコク郊外のショッピングセンター

◆シーコンスクエア 〔シーナカリン通り〕
40万平方メートルはありそうな売り場面積を誇るメガモールで、地上4階地下1階の5フロア、中央に巨大な吹き抜けを持つ構成はとにかく大きいです。場所柄、ローカルな品揃えが中心ですが、500を超えるテナントがあり、14のスクリーンを持つシネコンプレックス、ボーリング場、ローラーブレード場、レストラン、ファストフード店、クーポン食堂、家具屋さんの集合テナント、IT関連ショップ群、ZENとロビンソンの2つのデパート、トップススーパーマーケット、書籍店、クリニック、英会話学校、などの他、ショッピングセンターのロータスも併設しています。
[行き方]BTSプラカノンからタクシーで70B前後。

◆セーリーセンター〔シーナカリン通り〕
以前はバンコク最大のメガモールとして様々な媒体でも取り上げられたことがありますが、すぐ近くにシーコンスクエアができてからは、閑古鳥が鳴きっぱなしの状態です。大丸デパートが入っていますが、今は日本の大丸とはまったく関係ないタイ資本です。様々なテナントが入っていますが、空き店舗も多く少し寂しい感じがします。ここの売りは、ITや携帯電話関係のショップ、それにフードコートがとても充実してることで、それらが目的で訪れる人が多いようです。
[行き方]BTSプラカノンからタクシーで70B前後。シーコンスクエア隣。

◆フューチャーパーク・ランシット店〔ランシット〕
ドンムアン国際空港から少し北に行ったところにあるメガモールで、ロビンソンデパートとセントラルデパート、オフィスOAショップ、DIYのホームプロ、ビッグCと何だか少し変な組み合わせのテナントが入っています。遊園地も併設されていますが、メンテナンス不足で動かないものが多いです。専門店はITと携帯電話関連が主で、服飾関係のお店やレストラン、フードコートも入っています。
[行き方]ドンムアン空港からタクシーで50バーツ前後。

バンコクでショッピング

ショッピングはバンコクでの大きな楽しみのひとつです。タイシルクやコットン、陶磁器、工芸品や民芸品などの雑貨など、バンコクならではのお土産が大きな人気となっています。バンコクでは、専門店、デパート、ショッピングセンター、マーケット、露天でもそうした商品を扱っています。

関連エントリー