Top >  バンコクでショッピング >  デパートとショッピングセンター

デパートとショッピングセンター

バンコクのショッピングセンターの形態は、大型のメガモールタイプが圧倒的で、中にデパートや専門店、レストラン、フードコート、場所によっては映画館やボーリング場などの各種アミューズメント施設なども揃うような何でもありのタイプが多くあります。この形態の中にも、高級志向のタイプと一般路線を行くタイプがあり、高級志向のモールにはブランドショップがずらりと揃っているのが特徴です。

ショッピングセンターの一部には、ファッションやブランド品、観光物産品など特化した品揃えのところもあり、そうしたショッピングセンターでは主に外国人旅行者で賑わっています。また、郊外の巨大なメガモールでは、プールや遊園地、動物園といった施設まで揃えているところもあり、まさにアメージングタイランドです。

また、バンコクでは、ちょっとした買物でも近くのショッピングセンターに行くことが多く、そんな普段の生活用品や食料品などの買物では、生活密着型ショッピングセンターである外資系のロータスやカルフールなどが便利です。食料品だけなら、デパートに入っている系列のスーパーマーケットか、日系を含めた外資系のスーパーマーケットが品揃えもよく、日本食材なども豊富に揃います。日本からの旅行者にとっても、生活密着型のショッピングセンターは、バンコクの物価やライフスタイルを知るにはうってつけの場所だと思います。

タイの人々の中には、何か目的があってショッピングセンターに行くのではなく、そこに行けば涼しくて快適で、何か面白いことがあるかもしれない、といった気持ちで気軽に出かける人が多いようです。大方のショッピングセンターは夜遅くまで営業しており、平日の夕方から夜にかけてや休日の日中には、そうした無目的の人が何を購入するでもなく、ショッピングセンター内をぶらぶらしているのをよく見かけます。

バンコクでショッピング

ショッピングはバンコクでの大きな楽しみのひとつです。タイシルクやコットン、陶磁器、工芸品や民芸品などの雑貨など、バンコクならではのお土産が大きな人気となっています。バンコクでは、専門店、デパート、ショッピングセンター、マーケット、露天でもそうした商品を扱っています。

関連エントリー