Top >  バンコクでショッピング >  バンコクの買物事情

バンコクの買物事情

バンコクでのショッピングは、大きな楽しみのひとつです。タイシルクやコットン、陶磁器、工芸品や民芸品などの雑貨など、バンコクならではのお土産が大きな人気となっています。バンコクでは、専門店のみならずデパートやショッピングセンター、マーケットでもそうした商品を扱っており、気軽に出向いて探すことができます。また、市場や露店なども楽しいショッピングスポットのひとつです。

タイといえばアジアン雑貨、と言われるくらい一番人気の雑貨類ですが、雑貨を扱うお店はとても充実しており、バンコク都内にはものすごい数の雑貨店が点在しています。その中でも良心的でアクセスの便利なところを別ページにピックアップしてみました。また、ジム・トンプソンによって世界に紹介されたハイセンスでクォリティの高いタイ・シルクも、タイでのショッピングではとても人気の高い商品です。

同じ布製品でも、イサーン地方で作られた織製品などもシルクに劣らず人気の商品となってきているようです。リボンバッグに代表されるような、お手頃価格のコットンバッグも人気のひとつです。いつくかのメーカーがそれぞれ特徴を出して人気を競っています。また、タイは革製品の加工地としても有名で、国内で養殖するワニ皮の産地としても有名です。街中には、オリジナルの加工技術を持った革製品のショップも充実しています。

宋胡録の語源となったスコータイ時代のスワンカローク焼以来、タイの陶磁器は世界的にも有名で、翡翠のような色合いの独特な風合いを持つセラドン焼、鮮やかな色彩に黄金の縁取りが豪華なベンジャロン焼、ごくシンプルな青白焼など、自宅用に使うにもお土産としてももってこいの品です。タイや中国、近隣国から集まってきたアンティークも注目されるひとつで、チャオプラヤー川沿いにあるリバーシティでは、様々なアンティークが揃っています。

タイは世界トップクラスの宝石の集積地でもあり、その加工技術もまた世界トップクラスを誇ります。以前ほどは採れなくなりましたが、ルビーやサファイヤの産地としても有名です。街角のジュエリーショップでは、高品質のジュエリーが日本よりも随分お手頃に求めることができます。ただし、観光地に出没する詐欺師の口車に乗って、おかしなジュエリーショップに行って屑同様の宝石をつかまされるようなことのないように注意しましょう。

バンコクのデパートやショッピングセンターには、デザイナーズ・ブランドの直営店も数多くあります。最近では、これまで未上陸だったブランドが、続々登場しており、その品揃えもかなり充実しています。ただし、タイの税制では価格面では日本で購入するのと殆ど同様となりますから、日本に未入荷の商品を探す目的で訪れるなら大いに価値があります。

バンコクでショッピング

ショッピングはバンコクでの大きな楽しみのひとつです。タイシルクやコットン、陶磁器、工芸品や民芸品などの雑貨など、バンコクならではのお土産が大きな人気となっています。バンコクでは、専門店、デパート、ショッピングセンター、マーケット、露天でもそうした商品を扱っています。

関連エントリー