Top >  ラチャダー・戦勝記念塔 >  ラチャダーピセークエリアのショッピングセンター

ラチャダーピセークエリアのショッピングセンター

地下鉄MRTのラマ9世駅のすぐ上には、フォーチュンタウンという名の南北の長さが300mもある巨大複合ショッピングモールがあります。開発当初の1990年代には、日系のオリックス資本下にあったブルーウェーブホテルとやはり日系のヤオハンデパートが入っていたのですが、双方ともかなり以前に撤退してしまいました。

現在では、南端のラマ9世交差点側にはグランドメルキュールホテルが入っています。中央には、フォーチュンタウンセンターや、第2のパンティッププラザと呼ばれコンピュータや携帯電話関連のショップが集中するITモール、地場系のレストラン群などが連なります。北端には、生活ショッピングセンターのロータスが入っており、地元の人々で賑わうローカル色豊かなショッピングタウンです。

また、地下鉄MRTのタイカルチャーセンター駅を上がったすぐ北側には、日系のサイアムジャスコ、生活ショッピングセンターのカルフール、ロビンソンデパートが続いて建ち並んでいます。カルフールとジャスコは、車での買い物客が多い郊外型のショッピングセンターで、双方ともに食料品関係が特に充実しています。ロビンソンデパートは、都心にある同デパートと同じ構成で、この辺りでは一番高級イメージのあるデパートです。

それぞれ3店ともに、ファストフードショップやフードコート、地元系レストランチェーンが出店していますから、ローカル食料品や生活雑貨などを眺めたり、地元の人に混じってローカルフードを手軽に楽しむことができます。フォーチュンタウンを含め、あまり外国人観光客が立ち入ることのないエリアですが、それだけにバンコク都民の暮らしぶりを実際に眺めることの出来るエリアです。

ラチャダー・戦勝記念塔

ラチャダ・ピセークエリアは、スクンビット通りのソイ・アソークを北上してラチャダ・ピセーク通りがラマ9世通りを超えた辺りから、バンコク北部のラップラオ通りと交差する辺りまでの範囲を一般的に指します。かつて副都心計画が頓挫しましたが、最近では地下鉄の開通により徐々に活気付く街になりつつあります。IT系のオフィスビルも数多く、ビジネス街としての顔も見せつつあります。戦勝記念塔エリアはBTSアヌサワリー・チャイ駅を起点に、そのすぐ北にある戦勝記念塔のロータリー周りと、そこから東西へ延びるラチャウィティー通り、一本南のランナム通り一帯を中心にローカルの人々で賑わう普段着の街です。ランナム通り界隈では、新空港の起点となる駅の建設が見込まれ、徐々に多国籍な街に変貌しつつあります。

関連エントリー