Top >  サイアム >  MBKからサイアム・スクエア

MBKからサイアム・スクエア

mbk
BTSナショナルスタジアム駅からラマ1世通りを少し西に向かい、北側のソイ・カセムソン2を入った奥には、ジムトンプソンの家があります。ここでは、ジムトンプソンのコレクションをボランティアの日本語通訳付きで見ることができます。また、駅のほど近くにあるMBKセンターは、出来た当初は小さく怪しげなショップが混在したアメ横のような集合市場だったのですが、大改修を繰り返して近代的なショッピングセンターに生まれ変わりつつあります。

サイアムスクエアのセンターポイントMBKから歩道橋を渡ってパヤータイ通りの東のエリアに入ると、渋谷と原宿を合わせたような、若者のお洒落や流行の最先端基地と呼ばれるサイアム・スクェアに入ります。碁盤目状に仕切られた小規模低層ビルが立ち並ぶこのエリアは、規模はほぼ500メートル四方と小さいですが、若者向けの衣料やグッズが揃う小規模店舗が集中しており、都内の高校生や大学生のプレイスポットとして賑わうエリアです。

日本の100円ショップが初めてバンコクに進出したのもこのサイアム・スクエアで、日本よりも割高の60バーツショップとして、近隣の大学に通う学生達を中心に賑わっています。また、このエリアでは、予備校や進学塾などの教育産業も盛んで、平日の夕方や土日の日中には参考書の入ったリュックを背負った小学生から高校生が、小規模ビルの階段を上がり降りしているのをよく見かけます。東端近くにはノボテル・サイアム・スクエアホテルがあり、ホテル界隈には外国人旅行者を対象にした専門店やレストラン、タイマッサージ店も軒を並べています。

サイアム

このエリアは、BTSシーロム線の始発駅であるナショナルスタジアム駅(国立競技場)近くにあるMBKセンターから、サイアムスクエア、サイアムディスカバリーセンター、サイアムセンター、サイアム・パラゴンと大型ショッピングモールが続き、さらにセントラル・ワールドや伊勢丹デパート、ゲイソンプラザなどが続くバンコク随一のショッピングゾーンとなっています。又、サイアムエリアはバンコクの原宿と形容されるように若者の街でもあります。周辺にはタイの名門校であるチュラロンコーン大学もあり、サイアムスクエアと呼ばれる一角はタイのファッションの最先端を行くお店がずらりと並んでいます。

関連エントリー