Top >  シーロム >  スリウォン通り

スリウォン通り

シーロム通りの一本北を、ほぼ平行に走っているのがスリウォン通りで、東端のラマ4世通りとの交差点から少し入るとジムトンプソンの本店があり、日本人旅行者を中心に外国人観光客で賑わっています。そのすぐ西がソイ・タニヤのスリウォン側の入り口で、そこからソイ・パッポンのスリウォン側の入り口に向かいまでの間には、日本人旅行者が良く利用するタイマッサージ店が集中している小さなソイがあります。

そのソイの入り口脇には、日本の新聞や雑誌などを揃えた日本式の喫茶店もあり、この界隈は日本人が数多く行き交うエリアです。通りの北側にあるモンティエンホテルの敷地には、タイ民芸品や工芸品などを揃えた土産物のショッピングセンターがあり、また周辺にはジュエリーショップやオーダーメイドショップも点在している観光客が集まる地域です。外資系のスターバックスや最近になって日本から進出してきたカフェ・カルディなどのコーヒーショップもこの辺りには多くあって、ちょっと一息つく空間の充実している地域でもあります。

モンティエンホテルを過ぎて海鮮中華料理のソンブーン・スリウォン店までの間には、大型のホテルやレストラン、土産物店が点在していますが、ソンブーンを過ぎてからは外国人旅行者にはあまり目ぼしい見所のない通りとなり、チャルン・クルン通りに至るまでの間には、中小規模の商業ビルが立ち並ぶ中に中級ホテルやレストランが点在するエリアとなります。

シーロム

チャオプラヤー川岸に近いバーンラック市場周辺からルンピニー公園前までを結んでいる大通りがシーロム通りで、通りの周辺にはバンコクの金融街、ビジネス街が続き、大繁華街としても発展してきたエリアです。またチャオプラヤー川沿いに建ち並ぶ高級ホテルの滞在者にとっては都市観光の街としての側面も持ち、さらに歓楽街としての側面も併せ持つエリアです。

関連エントリー