Top >  王宮・ドゥシット

王宮・ドゥシット

王宮エリアは、現王朝が遷都してできたバンコク発祥の地で、王宮やワット・プラケーオなどの荘厳な寺院のある旧市街地区で、ショッピングエリアとは全く違う歴史的な魅力があるエリアです。ドゥシットエリアは、タイの政治の中心として、バンコク都の中心地としても機能している、官公庁の多く集まる政治と行政の中心的エリアです。歴史的な見所や寺院の多い地域や旧市街らしい落ち着いた佇まいの街を持つエリアでもあります。ただ、観光地区だけに詐欺師なども出没しますから、気をつけて観光するようにしましょう。また、バックパッカーの拠点と呼ばれるカオサン地区のあるエリアでもあります。

王宮・ドゥシット一覧

lime.jpg

ラッタナコーシン島エリア(王宮周辺)

ラッタナコーシン島エリアは、王宮や荘厳な寺院群のある旧市街地区です。

ラッタナコーシン島エリア・ウォーキングツアー パート1

ラッタナコーシン島エリアを歩いて見学するための道案内のパート1です。

ラッタナコーシン島エリア・ウォーキングツアー パート2

ラッタナコーシン島エリアを歩いて見学するための道案内のパート2です。

ラッタナコーシン島エリア・ウォーキングツアー パート3

ラッタナコーシン島エリアを歩いて見学するための道案内のパート2です。

ラッタナコーシン島エリアのお勧めカフェ

ター・チャン船着場近くには、海軍婦人の会が運営する洒落たカフェがあります。

王宮とワット・プラケーオ

王宮の広大な敷地内には、王朝関連の宮殿やワットプラケーオが立ち並んでいます。

王宮にある宮殿

王宮には歴代の国王が住んでいた宮殿がありますが、現国王は今は住んでいません。

エメラルド仏の長い旅 パート1

エメラルド仏はタイで作られたものではなく、北インドで作られたのでした。

エメラルド仏の長い旅 パート2

エメラルド仏は、チェンライからいくつかの地を経て現在はバンコクで祀られています。

ワット・アルン

ワットアルンは暁の寺の題材として、また大仏塔の美しさで有名です。

ワット・ポー

ワットポーは大涅槃仏で有名ですが、タイ最大の仏像コレクションでも知られています。

ドゥシットエリア

ドゥシットエリアは、官公庁や王室関係の建物が並ぶ政治と行政の中心地です。

旧市街を散策(バンファー桟橋~民主記念塔)

ドゥシット地区の庶民的な地域を歩いて散策するための道案内です。

旧市街を散策(民主記念塔~プレーン・ナラー通り)

ドゥシット地区の庶民的な地域を歩いて散策するための道案内です。

旧市街を散策(プレーン・ナラー通り~ワット・サケット)

ドゥシット地区の庶民的な地域を歩いて散策するための道案内です。

ワット・サケットと黄金の丘

ワットサケットは、黄金の丘と大仏塔の有名な寺院です。

ワット・スタットと大ブランコ

ワットスタットは、巨大な仏像と大きな赤いブランコが有名な寺院です。

大理石寺院(ワット・ベンチャマボーピット)

大理石寺院は、その殆どが大理石で作られた静かで美しい寺院です。

ウィマン・メーク宮殿(ラーマ5世博物館)

ウィマン・メーク宮殿は。ラーマ5世が生活の場を構えていた総チークの宮殿です。

民主記念塔

民主記念塔は、立憲革命を記念した塔でタイ民主主義のシンボルでもあります。

カオサン地区(カオサン通り地域)

カオサン地区のカオサン通りは旅行者にとって利便性の高い地区です。

カオサン地区(カオサン西地域)

カオサン地区の西地域は、のんびり静かに過ごす旅行者の多い地域です。

カオサン地区(カオサン東地域とバンランブー地域)

カオサン地区の東地域とバンランプー地域は、タイ庶民の生活感溢れる地域です。