Top >  バンコク国際空港ガイド >  スワンナプーム国際空港の概要

スワンナプーム国際空港の概要

スワンナプーム国際空港
タイ・バンコクの新しい玄関口として、バンコク中心地から東に約30キロ、タクシーで30分~1時間の位置に2006年の9月、新バンコク国際空港、正式名称スワンナプーム国際空港が開港しました。

スワンナプームとは「黄金の土地」の意味で、タイ国民から敬愛されているプミポン国王により名付けられました。敷地面積はそれまで国際空港だったドンムアン空港の約5倍、日本の成田空港の約3倍もの規模で、旅客ターミナルビルは総床面積が56万3千平方メートルと世界一の広さがあります。

建築業界では名の通ったドイツ人建築家のヘルムート・ヤーン氏により設計され、横幅が444メートル、奥行きが111メートルと縦長の巨大なターミナルビルです。航空管制塔もまた大きくて、高さが132.2メートルとこれまた世界一の規模です。滑走路は現在4千メートルと3千7百メートルの2本ありますが、将来は4千メートル級があと2本増えて合計4本になる予定です。すべて完成すると、1時間当たり76機の発着が可能になり、年間4500万人の利用が実現する予定です。

ターミナル内の設備は、チェックインカウンターが360箇所、出国カウンターが120箇所、入国カウンターが72箇所、そして民間機としては史上最大の総2階建て超大型旅客機エアバスA380に対応できる駐機用搭乗口が5基と、アジアにおける新時代の24時間ハブ空港としての機能を充分備えています。また、旅客ターミナルビル前には各2500台の車を収容できる駐車場が2つ並び、少し空港から離れたバスターミナル近くには、長期駐車用の5000台収容できる駐車場の設備もあります。

バンコク国際空港ガイド

新バンコク国際空港は、バンコク中心部から東に約30キロのサムットプラカーン県に位置し、それまでのドンムアン空港に変わる国際空港として2006年の9月に新開港したタイを代表する空港です。正式名をスワンナプーム国際空港といい、空港全体の規模やターミナルビルの大きさは桁外れで、アジアの24時間ハブ空港としての機能を充分に備えている巨大で近代的な空港です。

関連エントリー