Top >  バンコク近郊 >  パタヤ

パタヤ

パタヤはバンコクからバスで約2時間の距離にあるアジアを代表するビーチリゾートです。パタヤのリゾート地としての歴史は1960年代のベトナム戦争の頃に遡ります。アメリカ兵の休養地として開発が一気に進みました。その面影は現在でも色濃く残っており、風俗店や娯楽施設が所狭しと並んでいます。

パタヤでのマリンスポーツは各種揃っていますが、海の中も外も人口密度は高めです。パタヤ周辺にあるラン島は海は澄んでいて非常に美しいのですが、こちらも本島と同様にツアー客が多くマリンスポーツも過密気味です。パタヤから南に5キロほどのところにあるジョムティエンビーチは、大型リゾートホテルが多く、パタヤの喧騒から外れているので、静かに過ごしたい方はお勧めのビーチです。

バンコクからパタヤへの移動はバンコクの東バスターミナルから20、30分おきにバスが出ていて、所用時間は約2時間から2時間半です。「バスはたばこが吸えないからいやだ。」という方はタクシーで行くと良いでしょう。事前にたばこを吸いたい旨を知らせ、数百バーツ上乗せすればOKです。値段は交渉となりますが、1500バーツ程ですみますのでぼられないようにしましょう。

バンコク近郊

アジアを代表する近代都市であるバンコクの喧騒に疲れたら、時にはバンコク近郊へワンデイトリップしてみるのはいかがでしょう。かつての旧都アユタヤーでタイの歴史を感じたり、カンチャナブリーまで泰緬鉄道で出かけて歴史の重さを実感したり、マハチャイまでのんびり各駅停車で出かけてみるのも面白いです。又、バンコクはビーチリゾートであるパタヤにも車で2時間ほどの距離にあります。パタヤはビーチリゾートとして定着していますが、実際は海水もきれいではないですし、観光客が大勢いるので、ゆっくりとすごしたい方には向いていないかもしれません。ちなみにパタヤへはタクシーで行ったとしても1500バーツくらいで行けます。

関連エントリー